どのようなことでも結構ですので実録な男性を

実際には浮気していたとしても、その3日間だけは浮気していなかったという状態であったら、結局は浮気の明確な証拠をつかむことなく、浮気調査は終了してしまい、事前に約束していた成功報酬を支払うことになるのです。

飲食店などの領収証の記載にはお通しの注文数から同席していた人の数が特定できるように記載されている事もあるので、不倫と決定づける参考資料となります。

かつ、クレジットカードを使用した支払いの詳細は月々チェックするようにします。

仕事でありながら宿泊先がビジネスホテルでなかったり、シングルの宿泊費にしては高額だったりすると、浮気相手と宿泊したと判断される事があります。

日頃、相手の行動の様子をよく見ておくことは自分ひとりでも可能ですが、浮気を決定づけるような動かぬ証拠を手に入れるためには、経験豊富なプロである探偵にお願いした方が失敗がありません。

そして、探偵をお願いした場合は、単に、浮気の証拠を入手するだけではなく、豊富な経験から、様々な助言をもらえるということも、貴重なのです。

不倫の慰謝料の相場としては200万円前後ですが、ケースによっては50万円程度ということもありますし、400万円くらいになる場合もあります。

実際は、離婚はしなくても慰謝料を請求することはできますが、額は低くなるのです。

また、不倫の相手が配偶者との肉体関係を認めないときには根拠が必要です。

どの人からみても明らかな浮気の証拠が必要です。不倫をされてしまったら、交際相手を含めた二人に対して、慰謝料を求める事ができます。

ただし、配偶者が不倫をする前から、同じ屋根の下で生活してはいるもののほとんど会話がない場合や、客観的に見て夫婦とは思えない状態だったときは、慰謝料を請求することができません。

慰謝料は、どの程度精神的に傷ついたか、歳や婚姻年数など総合的に判断して裁判官が判断します。

どのような調査が行われるかにもよりますが、2人で調査することが多いようです。

浮気をしているかの確認を調査員1人で浮気をしている証拠をつかんだら、再度考えて浮気の証拠を掴むための調査を行う人数などの調査方針を決めることになります。

 追跡グッズという探偵が使うものは 自分でも買えるのかと言われたら、買うことは可能です。

一般的には、追跡グッズはGSP端末を使用することが多いです。

でも、これはいかなる人でもネット等で買えます。車両に載せるタイプのGPS端末は、本来、車の盗難されたときのために付けておくものですので、誰でも当然購入できます。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク