なぜママが葉酸なのか

最近の研究によって、妊娠に重要な栄養素として「葉酸」が知られるようになってきました。

葉酸は、ビタミンのひとつです。その効果は妊娠中の十分な摂取によって、赤ちゃんが先天的な神経系障害を発症してしまう危険性を抑えてくれるというデータが発表されています。

1日に摂る葉酸の推奨される摂取量ですが、厚生労働省によると、一日0.4mgを摂るように通知が出されています。

胎児の健康を考えて、妊娠している女性はもちろんですが、今妊娠を希望されている方であっても、積極的に葉酸を摂るよう、意識してみましょう。

お腹の中で、胎児は目覚ましいスピードで細胞分裂を繰り返しながら成長します。

この時に葉酸が大変重要な働きをするのです。葉酸は一般的な食品にも含有している栄養素なのですが、単体では吸収されにくいという特徴を持っているため、総合サプリメントを選ぶと良いでしょう。

ですが、総合サプリに多くの成分が含有していたとしても、その中でどんな栄養素が必要であるのか判断の基準がつかず、困ってしまうという方も居ますよね。

そうした場合、粉ミルクの成分と照らし合わせて、サプリの成分を調べてみるのが良いですね。

葉酸は、胎児の正常な発達に働きかけるため、妊娠を計画する女性や妊娠初期の女性が摂取を心がけるように推奨されている栄養素です。

とはいえ、つわりや体調によっては、食べ物から摂るのも難しい、なんてこともあると思います。

そうした場合には、無理に食べするとますます体調の悪化を招いてしまう場合もありますから、食事は控えめにして、サプリメントに代表される栄養補助食品を摂取することで適切な量の葉酸を摂取できるという訳ですね。

不妊体質とストレス。この二つは密接に関わっています。ストレスは体内のホルモン合成を妨げ、妊娠を妨げる種々の症状を引き起こすことがあります。

ときには友人や家族の励ましや、本人の不安などが不妊治療中のストレスとなることも少なくなく、相当悩んでいる人もいるのです。
産後抜け毛の原因と予防方法

治療しているのですから、あとはおおらかに構えるのが大事かもしれません。

妊娠後、赤ちゃんのために葉酸を摂取している方へのアドバイスなのですが、葉酸を普段の食生活で賄うために、葉酸を多く含んでいるほうれん草などの葉物野菜あるいは貝類、レバーなどの食材を、普段の食生活に取り入れるようになったという女性も大勢居ます。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク